So-net無料ブログ作成
検索選択

<地震退避行動>「火の始末」も見直し 文科省作業部会(毎日新聞)

 「グラッときたら火の始末」は勧められない−−。文部科学省の作業部会は25日、大地震発生時に身を守るための行動を盛り込んだ報告書案をまとめた。阪神大震災などの巨大地震やその再現実験で得た分析、緊急地震速報開始を踏まえ、これまで推奨されていた行動の妥当性を国として初めて見直した。報告書は31日に上部委員会を経て、都道府県教委などに配布される。

 震度5程度で半数の人が行動困難を訴え、震度6弱以上ではほとんど動くことができないとされる。作業部会は行動と被害の関係について解析した約80件の文献を検証した。

 火の始末では、これまで火災が多発した関東大震災での教訓から、すばやく火を消すよう推奨されてきた。しかし、消火を優先して避難が遅れたり、とっさにコンロの火を消そうとしてやけどを負う人が多いことが分かった。また、都市ガスの自動遮断装置も普及し、作業部会は「火を消すのは揺れが収まった直後」と結論づけた。ただし、目前にコンロやストーブがあり、消火可能の場合は、小さい揺れの段階で火の始末をするとした。

 「丈夫な家具に身を寄せる」とされていた点については、阪神大震災の犠牲者の約1割が転倒した家具の下敷きだったと指摘し、揺れが非常に大きい場合、姿勢を低くして頭を守り、丈夫そうな家具でも無理して近づかないよう提言した。揺れが比較的小さいときには頭を守り、安全な空間に逃げ込むことを勧めた。

 「慌てて外に飛び出さない」の是非では建物の耐震性で対応が分かれる。81年にできた新耐震基準に適合した建物では倒壊する危険より外に飛び出す危険性の方が大きいとした。しかし、それ以前の耐震基準で建設された建物の場合、倒壊して圧死する場合があり、飛び出して助かった例があるという。

 作業部会主査の田中淳・東京大教授は「建物の構造や地震動の周期などさまざまな状況でどの行動が適切かは変わる」と話した。【石塚孝志、八田浩輔】

◇地震時の退避行動に関する提言◇

(1)事前対策

建物の耐震化。家具類の固定。消火設備の設置。避難行動の事前検討

<標語>

備えあれば憂いなし!事前の備えを十分に!作ろう自分の心得を!

(2)緊急地震速報時・小さな揺れを感じた時

周囲に声をかける。目前の火を消す。頭を守る。扉を開ける。履物を履きすみやかに安全空間に移動する

<標語>

緊急地震速報だ!周りに声かけ、安全な場所へ!

(3)揺れの最中

・動けない場合(震度6弱以上)

姿勢を低くし頭を守る。無理に行動しない

・動ける場合(震度5強以下)

状況を判断し、頭を守ったり安全空間に逃げ込む

<標語>

動けなければ、姿勢を下げて、頭を守る。動けるならば、落ち着いて、身近な安全な場所へ

(4)揺れが収まった直後

火を消す。扉を開ける。履物を履く。余裕があればブレーカーを落とす

<標語>

揺れがとまれば、火消し、靴はき、ドアあける。ブレーカー落として火災を回避

【関連ニュース
災害情報:公式ツイッターで発信 消防庁
沈没トルコ艦:救助から120年 和歌山・串本で追悼式
地籍調査:過去10年で実施5割未満 災害時混乱の恐れ
神戸ポートタワー:改修工事終了 LEDで外観カラフルに
シバザクラ:震災の傷心6000株 兵庫・西宮

タクシーが炎上、後部座席に男性の遺体/藤沢(カナロコ)
院生1423人分の情報紛失 関西大、教授がUSBごと(産経新聞)
「岡本ホテル」事務所など家宅捜索を開始 出資法違反の疑い(産経新聞)
【集う】王氏来日歓迎パーティー(22日、松坂屋銀座店別館)(産経新聞)
みんなの党推薦・元中日の岩本氏、町長選に当選(読売新聞)

<横須賀殺人>遺体現場に複数の指紋 東京で自殺男性(毎日新聞)

 神奈川県横須賀市の無職、小林章浩さん(62)とみられる遺体が見つかった殺人事件で、遺体のあった小林さん方1階台所付近などから、東京都内で自殺したとみられる男性の指紋が検出されていたことが11日、県警への取材で分かった。県警浦賀署捜査本部は、この男性が事件に関与した疑いが強いとみて裏付けを進めている。

 捜査関係者によると、男性の指紋は台所や居間などから複数見つかったという。県警が事情を聴くため、男性に連絡を取った直後の9日朝、東京都中央区の路上で遺体で見つかった。警視庁月島署は、近くのマンションから飛び降り自殺を図ったとみている。【吉住遊、中島和哉】

【関連ニュース
<事件の一報>遺体発見:神奈川県横須賀の男性方で 頭部に殴られた跡
<関連記事>殺人:男性遺体に複数の切り傷や刺し傷 神奈川・横須賀
<関連記事>横須賀男性遺体:死亡後にカード 複数回使われる
<関連記事>横須賀男性遺体:事情聴取予定の男性死亡 飛び降り自殺か
<関連記事>横須賀男性遺体:頭蓋内出血が死因

失業者への個別支援検討=NPO活用−政府(時事通信)
関西3空港一元管理で、神戸商議所会頭が「神戸空港民営化も選択肢」(産経新聞)
サントリー美術館で国立能楽堂展(産経新聞)
将棋 3度目の横歩取り 名人戦第3局(毎日新聞)
雑記帳 メロン熊 ミスマッチで人気(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。